デリバリーサービスの利用を補助するサポートサイト

>

フードデリバリーの社会的定着と利用の向き不向き

フードデリバリーの形態

以前のフードデリバリーは電話による出前が主流で、それらにテレビ通販や定期カタログによる食材及び食品デリバリーが加わる程度でしたが、インターネットの普及に加え、西洋化の影響と資本主義の浸透から生活形態が核家族型を主流としたものに変化していくにつれて、ニーズが多様化したことをビジネスチャンスと捉えた企業によるフードデリバリーサービスの細分化により、従来に比べてフードデリバリーのサービスも多様化しています。

具体例で挙げると、レシピとともに加熱調理を加えるだけで完成する状態まで下処理を済ませた食材を宅配するサービスや、時間指定で電子レンジによる加熱処理のみで飲食可能な食事を宅配するサービス、加えて地域密着型の産地直送旬野菜の詰め合わせ宅配サービスなど、様々にフードデリバリーサービスの形態が分化しました。

主なフードデリバリーのメリット

フードデリバリー最大のメリットである利便性の高さは、電話ないしインターネットを介して出前注文をしてしまえば、完成済みの料理がすぐさま食べられる状態で宅配されることに集約していましたが、交通網やインターネットといった各種インフラが整ったこともあって、地域の特産物を冷凍状態で宅配してもらうことも容易になり、業界間での競争を勝ち抜くためのサービスの一環として、高齢者や共働き家庭のこどもへの食事の宅配といったサービスが生じ、これらは特定のニーズへの需要によってかなりの成功をおさめているようです。

もちろん、突然の来客や祝い事、法事といった場面での利便性の高さに変わりはありませんし、フードデリバリーの利便性はさらに高まったと言えるのではないでしょうか。


この記事をシェアする