デリバリーサービスの利用を補助するサポートサイト

>

フードデリバリーの利用で被りうるデメリット

デリバリー自体のデメリット

利便性の高さやサービスの細分化による顧客ニーズへの対応範囲の広さといったフードデリバリーのサービスは、間違いなくフードデリバリーのメリットであることは間違いありませんが、デリバリーサービスの一環である以上、デリバリーサービス全般のメリットと共通するデリバリー自体のデメリットについてもやはり避けえないものであることは想像に難くないでしょう。

すべてのデリバリーサービスに共通するデメリットの中でも、画像や動画以外の形で実物を事前確認できないことは最大のデメリットであり、フードデリバリーにおいてもこのデメリットは共通しますし、移送状況によって商品が破損するリスクや商品が届かないといったリスクもやはり共通のデメリットとして数えられます。

フードデリバリーに特有のデメリット

デリバリーサービスであっても取り扱う商品が異なれば、デメリットにも差異が生じることはある種当然のことと言え、フードデリバリーサービスにも食材や食品を扱うからこそのデメリットが生じることは当然のことです。

フードデリバリーに特有のデメリットはサービスによっても変わってきますが、出前の場合、立地条件や注文先の混雑状況で麺類なら伸びてしまい、それ以外のものも多少冷めてしまうことは十分に考えうるリスクで、配送料や人件費が加わるためにお店で飲食するよりも更に高値になることは避けえず、配送料による高額化は食材や食品の通販にも共通するでしょうし、旬野菜の詰め合わせのようなサービスに至っては悪天候が続いたことで収穫できず配送できないといった事態も想定されるデメリットでしょう。


この記事をシェアする